. .
0

スマートフォンとテレビの事情

スマートフォンとテレビの関係は最近では面白いことになっています。例えば、すこし前から、テレビで見逃した放送、特にドラマなどについて、ネットで過去の放送を視聴できるようにしたほうがいいという話がありました。その一方で、本当に人気があるドラマは、ネットのSNSなどで徐々に話題が出始め、途中からでもファンになる人が増えています。ネットでの過去の放送視聴が無くともこの状況ですから、もし始めた場合には大きな反響を呼ぶことでしょう。現在では、ネット上に非公式のアップ動画があり、それで過去の放送をチェックしてテレビを途中から見始める人が多いです。そこでテレビ局が公式に無料で過去の放送を流し、テレビ視聴を促せば、何らかのメリットがテレビ局にあるのではという考えもあります。スマートフォンとテレビは今後も対立関係にあるのか、それとも協調的な関係になっていくのか注目です。
おすすめ検索 平岡卓

0

海外スマホ関連サービス

スマートフォンの関連サービスについては、アメリカのサービスが世界をリードしています。そんな中、有名なフェイスブック、ネットサービス大手のグーグル、世界2位のヤフーといったアメリカのネットワーク企業の大手が、立て続けにスマートフォンに特化したサービスを発表しています。その特徴はスマートフォンに特化したニュースサイトです。ニュースはネットサービスの中でも基本であり、主要なサービスの一つであり、それがスマートフォン専用ということで、ネット社会に大きな影響を与えると思われます。具体的な特徴について見ていくと、まずは見やすい画像、タッチパネル操作に適した画面デザイン、そして、個人の嗜好に沿って自動的にニュースを集めるといった機能です。このようなニュースサイトはこれまでにもありましたが、大手の企業がスマホに特化したということで、今後は大きな動きがありそうです。
参考情報 samsung.com

0

昨年のスマホ市場調査

1月も終わると、昨年一年間のスマホ市場の調査結果が続々とスマホレビュー欄に掲載されるようになりました。今日、見たスマホレビューには昨年の世界でのスマホ市場の調査報告が引用されていたのですが、世界中で販売されたスマホのうち、約8割がAndroid搭載端末だったんだそうです。日本では圧倒的にアップルのiOS搭載端末の方が販売台数は多かったと言われていますが、世界では全く違っていたんですね^^そして特筆すべきはWindows Phoneのシェア。それまでBlackBerryが占めていた場所にWindows Phoneが躍進してきたようです。つまり、Android搭載端末がシェア第一位、第二位がiOSでシェアは2割、そしてWindows Phoneは0.3割に増加。0.3割というとそんなに多くない数字のように思えますが、前年比からすると9割も増えているんだそうです!となると今年は・・。また来年の今頃、このiOSのシェアは変化しているかも^^しれませんね。順調に行っていればドコモが開発に力を入れていたOSが入っていたかもしれないのに~~^^
関連タグ ドコモ スマートフォン

0

スマホゲームといえば…

スマートフォンゲームといえば、思い浮かぶのは、何ですか?
パズドラなどは、まさにスマートフォンゲームとしてかなり有名ですよね。
そんなスマートフォンゲームは、無料通話・メッセージアプリのLINEでも提供されています。
中でも、人気があるのが『LINE POP』です。、
同じキャラクターのブロックを3つ以上並べて消すという、ごくごく単純なよくあるゲーム。
この『LINE POP』の世界での累計ダウンロード数が、なんと4000万件を超えたそうです。
LINEを使っている人だったら誰でも知っている、親しみのあるLINEキャラクター達の描かれたブロックがとってもかわいい『LINE POP』。
もちろん私も、スマートフォンでちょっとした空き時間に遊んでいます。
他にも様々なアプリを次々と提供しているLINE、次はどんなアプリやゲームを開発してくれるのか、とっても楽しみです。
おすすめ情報 SKE48 SPECIAL GALAXY of DREAMS | SAMSUNG

0

キャンペーン割引を利用してかしこくスマホ選び

そろそろ2014春スマホのラインナップも発表される頃だし、古くなったスマホを新しく買い替えようかなって思っている人も多いと思いますが、新しくスマホを買い替える場合何を基準にお店を選びますか?各キャリアショップはショップ独自のキャンペーンをやっていたり、量販店もショップとはまた違ったキャンペーンを打ち出したりしています。同じ端末なら割引が多く受けられる所で安く購入したいですよね。ちなみに、ドコモは学生を対象に月々サポートを最大10,080円増額する「春の学生スマホ割」、MNP利用者を対象に利用料金を780円最大25カ月間割り引く「ドコモにのりかえ割」そしてauは、新規契約の学生とその家族を対象としたau携帯電話の基本使用料が最大3年間無料の「学割」キャンペーン(新規契約の場合、家族は最大1年間無料)などを実施しています。MNPのユーザーを対象としたキャンペーンが目立ちますが、こうしたキャンペーン情報をチェックしてから購入するとお得にスマホをGET出来ることがありますよ。

0

昔を懐かしめるスマホバッテリー

幼稚園や小学生時代のお絵かき・図工によく使っていたクレヨンやクレパス。色種が多いほど嬉しかったのを思い出します。そんな懐かしいクレパスがスマホ・タブレット用バッテリーとして発売されていますよ。Hameeから発売されている「サクラクレパス/超薄型・大容量モバイル充電器」は、USBコネクタでバッチリ接続できるiPhone/スマホバッテリーなんです。2011年よりサクラクレパス型のiPhoneケースを発売しており、今なおヒットが続いているそうです。そのiPhoneケースはロンブーの田村敦さんも使っていたとのこと。クレヨンサイズで仕上げたバッテリーなだけに、なかなかパワフルで、0.86センチという極薄ボディにもかかわらず、iPhoneなら約3回のフル充電が可能だそうですよ。また2つのUSBポートがあるので、スマホ&タブレットPCなどの2台同時充電も可能。女性向きの充電器として開発した商品で、20~40代の女性に好評のようです。価格は5500円。昔懐かしいサクラクレパス充電器。おひとついかがですか。

0

歯磨きチェック自宅で簡単に

息子の小学校では、定期的に歯磨き後にあの赤い色素を使って、磨き残しが無いかどうか、チェックをしています。
確かに、子供はあんまり歯磨きが上手じゃないんですよね。
家庭でも子供がきちんと歯を磨けているかどうかチェックしなければならないんですけど、自宅ではなかなか磨き残しまでは分からないのが現実。
アメリカで発売予定の新しい歯ブラシは、なんと、インターネット接続型の歯ブラシ。
専用のアプリをインストールしたスマートフォンと無線で接続、歯磨き後の歯石の状態などを歯ブラシのセンサーが感知して、スマートフォンで確認することができるそうです。
とうとう歯ブラシまで、スマートフォンと連動する時代が来たんですね。
我が家でも近い将来、ドコモスマートフォンで息子の歯磨きチェックをする日が来るのでしょうか?

0

ドコモから出た活動量計もなかなかのもの

最近はNIKEやアディダスが活動量計つきのスマートウォッチを発表したりして、それがソニーやサムスンのスマートウォッチよりも断然カッコイイと話題ですが、ドコモがスマートフォンではなくバンド型の活動量計を発売したそうです。「ムーヴバンド」というこの商品はドコモのサービスの「WM(わたしムーヴ)」向けのもので、歩数はもちろん距離や消費カロリー、健康管理には欠かせない睡眠時間なども計れるそうです。防水機能もあるのでまさに本格的にスポーツにも使えてジョギングなんかにもいいですね。Bluetooth接続でスマホと繋がり一度USBで充電すると連続使用で4~5日ほど持つそうです。カラーバリエーションは3色でライトグリーン、ネイビー、ブラックとなっていて会員サービスも充実のコンテンツがたくさんあるので今後人気が出そうなアクセサリーですね。

0

モバイルバッテリーは薄いほどうれしい

以前と違って、最近のスマートフォン 新機種は、だいぶバッテリーの持ちが良くなりましたね。
とは言っても、スマートフォンの機能がどんどんアップしているので、自然とスマートフォンを使う時間も増えてしまい、やっぱりバッテリーはいつも減りがち。
一日中外出するとなったら、やはりスマートフォンを充電するためのモバイルバッテリーが必需品ですよね。
日立マクセルから発売されるのは、ケーブル一体型の薄型モバイルバッテリー。
ピンクとブラックの2色がそろったこのバッテリー、薄型で軽量なのが特徴。
私のバッグの中は、いつもいろいろなものでいっぱいなんです。
だから、モバイルバッテリーは薄ければ薄いほどうれしいんですよね。
ケーブル一体型なのも、かさばらず実用的。
軽くて邪魔にならないので『念のため』と持ち歩くこともできそうです。

0

お見知りおきください!

こんにちは。この記事では、ひとまず自分のことをご紹介したいと思います。
このブログを作った理由は、生活を充実させたかったのと、パソコンの練習になるかと思ったからです。また、面白い情報を皆さんから教えてもらえたら一石二鳥だなと考えている点もあったりします。
通販やネットサーフィンが趣味で、ほかに料理とか食べ歩きにも手を出してみたいと思っています。かなり気分屋なところもあるのですが、行動力は人一倍ある方です!
こまめに記事を書いて役に立つサイトにしていこうと思っていますので、これからにご期待ください。更新をサボりがちな時は、突っ込み・激励のコメントをお待ちしております。